帰国まで

大会期間中、中庭にグッズと犬用コートのショップのテントが出ていて
IMG_0564.jpg
しんちゃんに、筋肉を冷やさないようにするBack on Trackのコートを買いました。(60ユーロ)
いろいろ試着させてもらって『ピッタリbyしんのすけ』
グッズショップでお土産も少し(60ユーロ)。クレジットカードが使えました。

成田の動物検疫にイタリアの獣医師からサインをもらった書類の写メを
(添付できるデータの大きさに制限があるので2通に分け)送ると、すぐに
『内容に問題はございません。
日本ご帰国時には、以下の書類を忘れずにお持ち下さい。
●届出受理書
●Form A,C(原本)
●狂犬病抗体検査証明書(原本)
●輸出検疫証明書(日本出国時に当所が発行した書類)
それでは、ご到着をお待ちしております。』
と返信があり、ほっと一安心。

クロージングセレモニーは楽しい雰囲気で賑やかに行われました。
2、3日前から神経性なのかお腹がゆるいしんちゃん、くたびれた様子でした。
夜はホテルのレストランでチームの皆さんと会食(35ユーロ)
翌日の早朝に帰国されたペアもいました。強行軍(驚)

私たちは、もう1日滞在。残ってたチームの方々と、コモ湖までドライブに連れて行ってもらいました。
IMG_0640.jpg
フェリーに乗ったり、オープンカフェでピザを食べたり(30ユーロ)楽しい時間を過ごさせてもらいました。

5月1日マルペンサ空港まで送ってもらい、搭乗手続きとは別のカウンターで
帰るんだね
ワンコ輸送費(200ユーロ)を支払いました。結構時間がかかった〜〜

帰りの飛行機はガラガラで足を伸ばして寝て帰ることができました。
成田に着いたのが5月2日の午前10時半。
動物検疫は、今まで気がつかなかったけれど荷物を受け取る所のすぐ横。
書類のチェックとマイクロチップの読み取りをして、管理官が関税のところまで同行してくれます。

レンタルWi-Fiを返却し、12時には駐車場で車に荷物を載せ終わりました。
M先生にくっ付いて歩いたのでスムーズだったんですけど(爆)

高速(3000円)のサービスエリアに寄って、おそばを食べて(笑)
帰宅しました。部屋の鍵をスーツケースの底にしまっていたので、マンションの廊下で荷物を全部出すというオチがついて(笑)
翌々日ネコたちを2週間預かってもらったニャンコさん宅ヘ迎えに行って
帰ってきたんだけど
『ありがとうございますBY白秋』
楽しい休暇が終わりました。

つづく




参加することに意義がある

3ペアで戦うチーム戦。
(AOとJPとリレー)
日本は4チーム出場しました。しんのすけはDRちゃんと鉄ペンのJAPAN3.
ここではリレーをご紹介します。
Aの番号が付いているコースをMINI、BをMAXI の鉄ペンちゃんが走りました。
429TR.png

T SMALL

世界の壁は

個人総合は4種目。
AGとJPとスヌーカーとギャンブラー。

4月26日スヌーカー
思い切ってオープニングで7−7−7を選択しましたが、ちょっともたつきタイムが厳しいので焦ったら、クロージングの3でバーを落としてしまった。
オープニング2−7−7ならクロージング7までいけたかもしれないけれど、、、
トップレベルのペアは7−7−7でクロージング7までできてタイムの勝負でした。

4月27日にAGとJP
AGde.jpg
AG始めてのクリーンラン!しんのすけと私としては精一杯の走り。
でも、タイムは上位ペアとは10秒以上差がありました。
午後のJPはコースミスで失格。私が指示するタイミングを間違えた。ごめんね〜〜

4月28日ギャンブラー
GBで
とても難しいギャンブルゾーンだったので、これはあきらめて(笑)
オープニング、必死で走りました。ところが予定していたバーを飛べなくてコンタクトtoコンタクトになり、あまり得点できませんでした。トップクラスのペアはこんな難しいギャンブルゾーンをやすやすとクリアできるんだ〜〜
『まだまだ修行が足りてないbyしんのすけ』

ここではスヌーカーとAGの動画アップします。
426SN.png


427AG_INDIVIDUALE.png



All MINI-5

緊張してないような、しているような

さて、やっと本題の競技会について。
バイアスロンは4月25日のAG4月29日のJPの総合点
425AGーB

走り始めてしまえば何処でやってもアジはアジ、なはずがギクシャクしてしまった〜〜

429JP-B.png

前日からお腹が緩くなってしまったしんのすけ。
集中できるか心配していたけれどちゃんと走ってくれました。
ハンドラーが走行を邪魔してバー落として(-。-;

バイアスロン結果

開会式

2018年4月25日水曜12時からオープニングセレモニー
IMG_0685.jpg
しんのすけは小春さんがピックのために作ってくれた和柄のキャミソールを来て入場。
和柄のキャミソール
『ピック姉ちゃんもきたんだよbyしんのすけ』
IMG_0683.jpg
私はお友達が寄せ書きしてくれた旗とカードを持って歩きました。
日の丸
『クールだろbyしんのすけ』

この大会は5日間で15か国から集まったおよそ180ペアが、1つのリンクで
○バイアスロン=個人戦(AGとJP)
○インディビデュアル=個人総合(AGとJPとスヌーカーとギャンブラー)
○トライアスロン=チーム戦(AGとJPとリレー)
という9走に挑戦します。
スタンド席からトップレベルのペアの素晴らしいパフォーマンスをじっくり堪能できます。
バックヤードやパドックをウロウロ、ウオーミングアップや集中を高める各国のペアの姿や、走った後のケアをする様子を覗き見。『家政婦は見た!』的な怪しい私たちでした。

ドイツやベルギーの選手はキャンピングカーで、ロシアは大型バスできていました。
アジアから参加したのは日本だけ。
YouTubeでライブ中継が無料で配信され、7時間の時差がある日本から「見てるよ〜〜」って。
恥ずかしい===3

初日は午後2時からバイアスロンAGの競技です。
IMG_0530.jpg

つづく